フィジカルBの気になる口コミと効果について徹底リサーチ!!

成長するためには何をどのくらい食べたらいいのか・・・。

 

 

骨が成長するには、どの栄養素をどれくらい摂取すればよいのでしょうか・・・。

 

骨を作る栄養素としては、骨を伸ばすこのがたんぱく質で、骨を強くするのがカルシウムになります。

 

また、最近では、亜鉛の効果が注目されています。

 

骨の材料ではありませんが、痩せていて運動量の多いお子さんには炭水化物が大切になります。

 

 

たんぱく質

たんぱく質は骨の材料であり、成長ホルモンの分泌を促す作用もあります。

 

年齢や発育の段階によって、必要とされるたんぱく質の量は変わります。

 

子供の成長が著しい時期程ほど、体の大きさの割に多くのたんぱく質が必要とされています。

 

@乳幼児期の十分にたんぱく質を

乳幼児期は、成長速度が速いので、たんぱく質の十分な摂取を心がけましょう。

 

A思春期に入ったらたんぱく質を増やす

幼児期と思春期の間の前思春期は身長の伸びがゆるやかですが、思春期に入ると身長増加が加速します。
たんぱく質の摂取を増やさないと、せっかくのスパートが生かせません。

 

B大人になったらたんぱく質の量を減らす

思春期が終了して身長が伸びなくなったのに、食欲にまかせて食べ過ぎを続けると肥満するので、たんぱく質の量を減らしたほうがいいでしょう。

 

 

カルシウム

カルシウムのカルシウムは骨をつくる材料になります。

 

また、成長因子(ソフトメジンC)を上昇させる効果も知られています。

 

牛乳はすぐれた食品ですが、脂質が気になるのでとりすぎには注意が必要になります。

 

豆腐、小魚、海草は、牛乳のかわりとなる貴重なカルシウム源になります。

 

これらの和のカルシウムと乳製品からの洋のカルシウムを半々くらいにするといいでしょう。

 

学校が休みの日には、給食で飲む牛乳がありませんので、カルシウムが不足しがちになりますので注意してあげてください。

 

 

マグネシウム

マグネシウムは、カルシウムと同様に不足しがちなミネラルになります。

 

特に大切なのがカルシウムとのバランスになります。

 

マグネシウムが不足した状態でカルシウムを摂取しても、骨のカルシウムがかえって減少してしまう不思議な現象が起こります。

 

豆類とナッツ類は、重要なマグネシウム源になります。

 

枝豆やナッツ類はおやつとしてもおすすめです。

 

豆腐はカルシウムとマグネシウムがともに含まれるすぐれた食品になります。

 

牛乳はマグネシウムが少ないので、同時にバナナやナッツ類などを食べて、マグネシウムを補うといいでしょう。

 

肉類には、マグネシウムはあまり含まれません。

 

魚介類にもマグネシウムは少ないのですが、カキ、カツオ、まぐろなどには比較t機豊富に含まれています。

 

 

亜鉛

亜鉛は、成長ホルモンが作られる過程で重要な働きをしています。

 

不足すると、成長ホルモンの働きが低下してしまうのです。

 

加工食品の食べ過ぎは亜鉛不足を招きます。

 

加工食品のリン酸塩などが亜鉛とくっつき、大切な亜鉛を体外に出してしまうのです。

 

亜鉛欠乏は、低身長だけではなく味覚の異常や食欲不振、ときに学習能力の低下にもつながってしまいます。

 

カキに豊富に含まれていることで有名ですが、肉類や魚介類にも比較的豊富です。

 

豆腐などの大豆製品も重要な亜鉛源になります。

 

チーズやナッツ類は、不足しがちな亜鉛を補うおやつとすてもおあすすめです。

 

加工食品の摂取が多いお子さんは亜鉛不足に注意が必要です。

 

 

カリウム

カリウムには、弱いながらもソマトメジンC(成長因子)を増加させる効果があります。

 

食品を加工すると、精製や加熱などの過程でカリウムは逃げ出し、ナトリウムは逆に、加えられる傾向にあります。

 

カリウムは新鮮なフルーツや野菜に豊富に含まれています。

 

加工食品が中心で、フレッシュなフルーツや野菜が苦手なお子さんは、カリウムが不足しがちにあんります。

 

ジャガイモにもカリウムが豊富に含まれています。

 

ジャガイモは主としてカロリー源になるものですが、カリウム源としても重要です。

 

高身長国ではジャガイモの消費が多く、日本の3倍程度食べられています。

 

サツマイモにもカリウムは豊富です。

 

 

炭水化物

炭水化物はエネルギー源であり、身長の増加に直接はかかわりません。

 

しかし、エネルギー源である炭水化物が不足すると、骨の材料となるたんぱく質がエネルギー源として使われてしまい、結果的にたんぱく質不足に陥いってしまいます。

 

小食で痩せている子は、まず炭水化物を与えてあげましょう。

 

激しいスポーツをしてエネルギーを大量に消費している中学生にも、炭水化物の不足が見られます。

 

こめが嫌いな子は、麺類やパンやイモから炭水化物をとるといいでしょう。

 

低身長で受診されるお子さんで痩せている場合、炭水化物の不足がしばしばみられます。炭水化物はエネルギー源であることも忘れないでください。

 

 

一日でどれくらいのエネルギーを摂取すればいいの?

人に必要なエネルギー摂取量は、発育の段階によって異なります。小・中学生までの子供に必要なエネルギーの大まかな計算式は以下のようになります。

 

年齢×100+1000カロリー

例)8歳の子供

8×100+1000=1800カロリー

 

なのですが、実際は身長と体重のバランスでエネルギーが足りているのかどうか判断するといいでしょう。

 

子供はエネルギー必要量の50%くらいを炭水化物から摂取するといいです。成人は50%以上70%未満がいいです。

 

 

ビタミンB

ビタミンBは「成長のビタミン」とも呼ばれています。

 

成長因子(ソフトメジンC)を増加させる効果があり、たんぱく質の合成に関係しています。

 

また、ビタミンB群には食欲を増進させる効果もあります。

 

ビタミンBは、乳製品、肉類、緑の野菜に豊富ですので、不足は起こりにくいと思われます。

 

しかし、身長の伸びが加速する思春期の子供には多くのビタミンBが必要なため、不足気味な子供もみられます。

 

ビタミンBは、光で分解されるという弱点があります。

 

そのため、ほうれん草などは新鮮なものを選ばないと、せっかくのビタミンBが低下してしまったものを食べることになります。

 

ビタミンBは冷凍保存や調理によって、ある程度失われますので、これも鮮度のいい食材から摂取しましょう。

 

思春期の子供はBの必要量がアップします。

 

思春期には、不足しないように特に気を付けていきましょう。

 

 

低身長のお子さんは、貧血の傾向がよく見られます。

 

アメリカでの調査では、7〜12歳の少年でヘモグロビン(赤血球に含まれ酸素を運搬する血色素)が低い貧血傾向の子供たちは、正常の子供に比べて身長が低めであったという報告があります。

 

鉄不足の子供は、同時にたんぱく質や他のミネラルの不足があることも多いので、鉄不足のみが原因で身長が伸びないわけではないでしょうが、

 

ある程度の注意が必要になります。

 

特に思春期のお子さんは、体の発育に鉄の供給が間に合わない「思春期貧血」がしばしばみられます。

 

 

 

食事をつくる度に細かい栄養素まで考えることは困難なことだと思います。

 

成長が加速する思春期には、栄養が成長に追いつかないことがあります。

 

この時期には特に栄養に注意が必要です!

 

そこで「こどもの成長期応援栄養補給食品」のフィジカルBがおすすめになります。

 

1本の中に、

 

体のあらゆる組織づくりをサポートしてくれる「鉄分」が1日必要量の95%以上
炭水化物にアプローチしてくれる「ビタミンB1」が1日必要量の98〜100%以上
健やかな外見をサポートしてくれる「ビタミンB2」が1日必要量の98〜100%以上
たんぱく質をアミノ酸に分解サポートしてくれる「ビタミンB6」が1日必要量の98%以上

 

が配合されています。さらに、成長に重要な、

 

L-バリン
L-ロイシン
L-イソロイシン
L-リジン塩酸塩
L-メチオニン
L-フェニルアラニン
L-トレオニン
L-トリプトファン
L-ヒスチジン

 

の体をつくる・ケアする・動かす、9種のアミノ酸が豊潤に配合!

 

含有率が伸びるスピルリナが配合されてるので、食事から栄養を摂るよりも効率的に消化吸収します。

 

今ならキャンペーン実施中で、30日間返金保障までついています。

 

お子様の成長に不安を感じている親御さんはお試ししてみてはいかがでしょうか^^