フィジカルBの気になる口コミと効果について徹底リサーチ!!

食の安心と安全も身長に関係する

 

安全な食材選びは、成長食の基本になります。

 

化学物質に汚染された食品や、不必要な化学物質の添加についても知っておきましょう。

 

 

化学物質に汚染された食品を避ける

 

環境ホルモン(内分泌かく乱物質)

ダイオキシンなどの化学物質は、人のホルモンの働きを乱すことがあり、内分泌かく乱物質あるいは、環境ホルモンと呼ばれています。

 

ダイオキシンは、骨の発育に重要な働きを持つ、甲状腺ホルモンの働きを邪魔します。

 

また、カルシウムの代謝にも悪影響を及ぼすことが知られています。

 

 

汚染物質は脂肪にたまる

子供たちの体に汚染物質が入るというルートとしては、食物からがほとんどになります。

 

では、どんな食材が危ないかというと、ずばり、肉や魚の脂肪や内臓になります。

 

野菜の残留農薬は、洗えばかなり落とせるのですが、農薬やダイオキシンなどに汚染された飼料を動物が食べると、

 

一部が腸から吸収されます。吸収された汚染物質は血液に運ばれ、肝臓にいきます。

 

そして、ある程度解毒されますが、解毒されなかった汚染物質は体内で徐々に脂肪に溶け込みます。

 

したがって、肝臓と脂肪が汚染されやすいのです。動物性脂肪は汚染されやすいので、その点からも脂肪のとりすぎには注意したいところです。

 

 

加工食品のとりすぎに注意

 

リン酸塩などの食品添加物に注意

食品添加物はありとあらゆる加工食品に含まれています。

 

1日になんと60種類以上、15グラム以上摂取してしまう人もいます。

 

食品添加物のうち、身長増加に悪影響があるのは、リン酸塩などになります。

 

これらは食感をよくするなどの目的で使われますが、せっかく摂取したカルシウムや亜鉛などとくっつき、それらを体外に出してしまうのです。

 

 

加工食品=工場で作る食べ物

食品は加工すればするほど、亜鉛やカルシウムなどの身長増加に有用な天然のミネラルが落ちていって、リン酸塩などの有害なミネラルが加えられます。

 

また、多くの人の手や工程を経ていくため、汚染物質が混入する機会が増えます。

 

 

優れた食品でも過剰に摂取すると悪影響が出る

 

牛乳の飲みすぎ

牛乳は大変優れた食品ですけど、気になる点もあります。

 

牛乳には牝牛の女性ホルモンが、微量ではありますが含まれていて、大量に飲むと、牝牛由来の女性ホルモンが子供の体内のホルモンに悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

また、脂肪も多く含まれてますので、飲み過ぎると肥満します。

 

 

大豆製品の取りすぎ

豆腐などの大豆製品はおすすめの食材ですが、弱点もあります。

 

大豆にはごく微量ですが、イソフラボン(植物エストロゲン)という女性ホルモンに似た物質が含まれています。

 

イソフラボンを大量に摂取すると、子供の体内のホルモンに悪影響が出る可能性もあるのです。

 

 

野菜の食べ過ぎ

子供の約8割は野菜嫌いになります。

 

子供たちは本能的に野菜を欲しがらないのです。野菜は健康にいいものですが、食べ過ぎると成長因子(ソフトメジンC)が低下する可能性があるみたいです。

 

また、野菜の食物繊維はカルシウムや亜鉛とくっつきますので、必要な栄養素が一緒に体外に出されるおそれもあります。

 

ちなみに、アメリカ健康財団では、3〜20歳までの食物繊維の最小量を「年齢+5」グラムとしています。

 

つまり、10歳なら10+5=15グラムになります。

 

 

ヨウ素のとりすぎ

ヨウ素は甲状腺ホルモンを作るために重要な栄養素になります。

 

しかし、とりすぎると逆に、甲状腺ホルモンが低下してしまいます。

 

甲状腺ホルモンは、成長ホルモンと同様に成長を促進する重要なホルモンになります。

 

インスタント食品にはヨウ素が多く含まれる場合があるので気をつけましょう。

 

 

レバーの食べ過ぎ

レバーは鉄分、ビタミンA、Bなどが豊富ですが、食べ過ぎは避けて、適切な量にしましょう。

 

牛や豚の飼料は、ダイオキシンや残留農薬で汚染されていることもあり、それを食べた牛や豚の肝臓に蓄積されるからです。

 

 

⇒【身長応援サプリ】フィジカルBの気になる口コミと効果|TOPページ