フィジカルBの気になる口コミと効果について徹底リサーチ!!

高たんぱく低脂肪食を作るには

 

脂肪を増やさず上手にたんぱく質を増やす際のキーワードは、高たんぱく質低脂肪の食事です。

 

たんぱく質を多く含む脂肪の少ない食材の知識を持って、調理の際には脂肪の取り除くテクニックを知りましょう。

 

 

たんぱく質につきまとう脂肪を取り除く

脂身10グラムには70カロリーもの脂肪が含まれていて、さらに脂身はダイオキシンや残留農薬で汚染されている可能性もあります。

 

脂身が少な目の肉を選び、多ければカットしましょう。

 

鶏肉は、皮を取ると余分な脂肪を減らせます。

 

また、焼いた肉は、皿に天ぷら敷き紙を敷いて盛ると脂肪分を少し吸収してくれます。

 

 

肉の選び方

肉のたんぱく質を身長を伸ばすのに非常に有用ですが、肉の脂肪には身長を伸ばす効果はありません。

 

霜降りの牛肉は、異常に肥満した、いわばメタボリック症候群にかかった肉で、脂っこい食事が身長を伸ばすと考えるのは大間違いになります。

 

肉は種類や部位によって、脂質の量が大きく異なってきます。

 

鶏ささみは低脂肪でおすすめになります。

 

世界屈指の高身長国アイスランドでは、牛や豚よりもマトンを多く食べています。

 

マトンは脂肪がとても少ない、高たんぱく質低脂肪の肉なのです。

 

大柄で筋肉質の相撲取りを何人も輩出しているモンゴルでは、マトンが世界一多く食べられています。

 

 

魚介類の選び方

アイスランドでは、脂肪の少ないタラが多く消費されているのが特徴的になります。

 

日本人は、脂ののった魚を好みますが、タラなどの低脂肪の魚にも目を向けますしょう。

 

まぐろの赤身もおすすめですが、トロは脂身なのでおすすめできません。

 

肉と違って、魚の脂は血圧やコレステロールを下げる働きもあるので、ある程度摂取してもかまいませんが、取りすぎには注意して

 

料理方法を工夫しましょう。