フィジカルBの気になる口コミと効果について徹底リサーチ!!

世界から注目!|和食のいいところを引き出す。

 

和食は低脂肪でヘルシーな料理として日本人長寿に貢献し、世界から注目を集めています。

 

太らずに身長を伸ばす体作りを目指すために、和食のすばらしさを見直してみましょう。

 

 

伝統的な日本食を大切に

 

伝統的な日本食は、私たちは日本人にとってかけがえのないものです。

 

しかし、時代に合わせた改革や革新をおこたってはいけません。

 

現状は、うわべだけの洋風化やファーストフードの氾濫といったことから日本人の食事内容の質の低下が見られて、それは体格や健康の低下につながってしまいます。

 

和食の長所と短所
長所・・・脂肪が少なく日本人の体質に合っている。四季折々の豊富な食材で楽しめる
短所・・・たんぱく質が少なく、塩分が多い

 

洋食の長所と短所
長所・・・たんぱく質が多く、カルシウムが多い
短所・・・脂肪が多く、カロリーが高い

 

 

ヘルシーな和のカルシウムとたんぱく質

 

意外かもしれないですが、和食はカルシウムの宝庫になります。

 

乳製品のカルシウムと異なって、脂肪をほとんど含まない和のカルシウムは貴重な存在で、強靭な骨作りのもととなります。

 

また、和のたんぱく質資源として大豆製品の優秀さも特筆すべきでしょう。

 

乾物は保存ができて使いやすい

 

乾き物は、カルシウムをはじめとする栄養分が豊富なうえに長期保存できて、しかも調理の際には簡単に使えます。

 

日本人が知恵を働かせて作り上げてきた、日本が誇る健康的な食品のひとつといっても過言ではありません。

 

高野豆腐、切り干し大根、乾燥ヒジキ、煮干し、サクラエビ、ゴマ、乾燥わかめなど。

 

 

大豆製品豆知識

 

大豆は「畑の肉」と呼ばれて、たんぱく質が豊富に含まれるヘルシーな食材です。

 

大豆はたくさん食べている人は、コレステロール値が低くて、心臓病による死亡率が低いという統計もあるみたいです。

 

まさに、トール&ヘルシーには欠かせない食材になります。

 

和食には実に見事なバラエティーにとんだ大豆製品のラインナップがそろっています。

 

豆腐、高野豆腐、納豆、ゆば、みそ、厚揚げ、油揚げ、豆乳、きな粉などになります。

 

ただ、ヘルシーなたんぱく質源として日本人の長寿を支えてきた、豆類の消費が減っているのは、憂慮されます。