フィジカルBの気になる口コミと効果について徹底リサーチ!!

発育の段階別の成長食

 

 

お母さんのおなかにいるときから、生まれて成人になるまで、人のカラダはどのように発育して、どのようなスピードで成長するのでしょうか・・。

 

発育の段階を追ってみせましょう。

 

 

胎児期

人間のカラダが急速に大きくなるのが胎児期です。

 

0,01センチの受精卵は、出生時には約5000倍の50センチ程度にもなります。

 

妊娠中のお母さんは栄養に気を付けておかないと、出生時にすでに差がついていることも多いので、妊娠中の健康管理と栄養はとても大切になります。

 

 

乳児期

 

@初乳が特に大事

赤ちゃんは49センチ程度で生まれますが、最初の1カ月で身長は4,5センチ伸びて、53,5センチになります。小学生が1年間に伸びる身長を、たった1カ月で獲得するのです。

 

出生直後の急激な身長増加には、成長因子が含まれる初乳の働きが無視できません。人工乳はかなり母乳に近づきましたが、初乳を人工的に作ることはできません。

 

 

A離乳期の注意

離乳を進めていくと、特定の食品に対して好き嫌いが明確になってきます。食物エネルギーがあり、本能的にある種の食物を避けている子もいます。

 

アレルギーがありそうな場合は、専門医に相談しましょう。1歳前ごろ、一時的に食欲が落ちる時期があります。

 

無理やり食べさせようとすると、食べるのが嫌いな子になることもあります。この時期は長くは続きません。こういう時期なんだな、焦らずに様子をみてください。

 

 

幼児期

 

@栄養による身長の差が出やすい時期

6歳くらいまでには、栄養が身長増加に直結します。のちの学童期よりもこの記事の方が栄養が与える影響は大きいのです。

 

 

A味覚の刷り込み現象が起こる

生後1〜2年で身につく食習慣は、その後の成長に大きな影響をもたらし、この辞意に好きになった味や食感は将来にわたり、その子の好みを左右します。

 

 

B味覚を育て食の感性を磨く

極端に甘いものや、化学調味料が大量に使われたものは、味覚を麻痺させます。薄味と和風料理に慣れさせましょう。

 

 

C野菜にこだわりすぎると、かえって野菜嫌いの子に

特定の食品(たとえばほうれん草)に母親がこだわりすぎて、子供の他寝る楽しみを邪魔している場合もあります。無理やり食べさせると、かえって小食の子になってしまいます。まずはお子さんの食欲を尊重しましょう。

 

生まれて4年で身長は倍増して約50センチが1メートルになります。この時期には小さな体のわりに多くのたんぱく質が必要になります。

 

 

学童期

 

@食べる知力を養う

成長に必要なたんぱく質やカルシウムの多い食品を知っておきましょう。子供にも食の安全について教えてあげましょう。

 

子供自身が体に必要なものを選ぶ能力、有害なものを避ける能力が大切になります。

 

 

A肥満する弊害

この時期から肥満が目立ってくる子供が多いので、注意が必要になります。太り始めは身長がよく伸びるのですが、肥満すると思春期が早くきてしまい、また、思春期のピーク時の伸びも悪く、身長の伸びる期間も短くなります。

 

 

B食べる体力を養う

食べるという行為は人間にとって大切な行為になります。食事の時間を大切にまじめに食べる習慣をつけましょう。特に噛む力は大切になります。

 

 

思春期

 

@食べ盛り、伸び盛り

カラダが急激に大きくなり、この現象は思春期のスパートと言われています。多くのたんぱく質、ミネラル、エネルギーが必要となる時期になります。

 

急激な変化のため、子供たちは「だるい、眠い、おなかがすいた」を連発するようになります。

 

 

A強靭な骨作り

思春期にはほとんどの子供がよく身長が伸びます。したがって、食事による差が出にくいのです。

 

しかし、栄養が悪いと、たとえ身長がよく伸びたとしても、いい骨ができずに、将来の骨粗しょう症の芽となります。

 

 

B栄養が追いつかなくなることも

急激に成長が加速し、年間に身長は9センチ近く伸びて、体重も5キロくらい増加します。この休息な発育に栄養が追いつかなくなることがあります。

 

特に、カルシウムや鉄分は不足しがちです。たんぱく質が不足すると、身長増加に影響が出るので注意が必要になります。非常に食欲が出てきて、冒険心もある時期なので、これまで嫌いだったものが好きになったりもします

 

 

成人期

 

@身長が伸びなくなったら食事を変える

身長が伸びなくなったら、それまでほどたんぱく質は必要ではなくなるので、肉を減らして、野菜やフルーツ、穀物を増やしましょう。また、体の老化(酸化)も始まりますので、抗酸化(アンチエイジング)作用のあるカロテンなどを増やしましょう。

 

 

A成人すると食物繊維が重要

親知らずが生えたらもう成人です。知歯(親知らず)と呼ばれる第三代臼歯は噛み切るのではなくて噛みつぶす歯になります。

 

これは、噛み切るものではなくて噛みつぶすものを増やさないというサインになります。

 

 

>>【半額キャンペーン中】こどもの成長期応援栄養補給食品のフィジカルBを見てみる