フィジカルBの気になる口コミと効果について徹底リサーチ!!

成長に必要な成長ホルモンについて

 

子供の成長(身長を伸ばす)には、成長ホルモンの分泌が大きく関係しています。

 

成長ホルモンの分泌を促進する栄養と、骨を構成する栄養はなんなのでしょうか・・・。

 

 

身長が伸びる=骨が伸びる

 

成長ホルモンは脳下垂体から分泌される

身長を伸ばす大きな役割を担う成長ホルモンは、脳の脳下垂体から分泌されます。

 

成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されます。

 

 

ソマトメジンC(成長因子)が骨を伸ばす

成長ホルモンの一部は直接骨にも働きます。

 

しかし、成長ホルモンの大部分は肝臓などで第2のホルモンであるソマトメジンCが作られるのを促します。

 

ソマトメジンCは成長因子と呼ばれ、骨を伸ばす働きがをしています。

 

子供の骨には、骨端線(成長腺)と呼ばれる部分があります。

 

成長ホルモンやソマトメジンCは骨の骨端線(成長腺)に働きかけ、骨を伸ばします。

 

 

身長を伸ばす栄養素とは・・・。

 

成長ホルモンの分泌を促すもの

成長ホルモンの分泌を促す栄養素としては、たんぱく質(アミノ酸)と亜鉛が大切になります。

 

ソマトメジンCの生成を促すもの

ソマトメジンCの生成には、成長ホルモンの力が必要になります。

 

たんぱく質、亜鉛、カリウムなどが不足すると、ソマトメジンCの生鮮が減ります。

 

カルシウムは骨の原料となるだけではなく、ソマトメジンCの生産にもかかわっているようです。

 

炭水化物も大切ですが、食べ過ぎて肥満になると成長ホルモンの分泌は低下します・・・。

 

最近の研究では、ビタミンBも少し関係していることがわかってきました。

 

 

骨を作る材料となるもの

骨の材料は、たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などです。

 

骨を伸ばすのはたんぱく質で、カルシウムは骨を強くする栄養素になります。

 

骨にはリンも含まれますが、リンは不足している人がまれで、あえて増やす必要はありません。

 

骨の原料となるもの

たんぱく質
カルシウム
マグネシウム
亜鉛

 

成長ホルモンの分泌を促すもの

たんぱく質(アミノ酸)
亜鉛

※成長ホルモンの分泌には睡眠や運動も大切になります。

 

ソマトメジンCを増やすもの

たんぱく質
亜鉛
カルシウム
炭水化物
カリウム
ビタミンB

 

 

これらの栄養素を効率よく摂るには・・・。

 

なかなか日々の食生活でここまで栄養を考えて料理を作るのは正直大変かと思います・・・。

 

そこで「こどもの成長期応援栄養補給食品」のフィジカルBがおすすめになります。

 

フィジカルB1本の中に、

 

体のあらゆる組織づくりをサポートしてくれる「鉄分」が1日必要量の95%以上
炭水化物にアプローチしてくれる「ビタミンB1」が1日必要量の98〜100%以上
健やかな外見をサポートしてくれる「ビタミンB2」が1日必要量の98〜100%以上
たんぱく質をアミノ酸に分解サポートしてくれる「ビタミンB6」が1日必要量の98%以上

 

が配合されています。さらに、成長に重要な、

 

L-バリン
L-ロイシン
L-イソロイシン
L-リジン塩酸塩
L-メチオニン
L-フェニルアラニン
L-トレオニン
L-トリプトファン
L-ヒスチジン

 

の体をつくる・ケアする・動かす、9種のアミノ酸が豊潤に配合!

 

含有率が伸びるスピルリナが配合されてるので、食事から栄養を摂るよりも効率的に消化吸収します。

 

今ならキャンペーン実施中で、30日間返金保障までついています。

 

お子様の成長に不安を感じている親御さんはお試ししてみてはいかがでしょうか^^