フィジカルBの気になる口コミと効果について徹底リサーチ!!

睡眠・栄養・運動の成長三角形

 

 

子供の健康な成長を、睡眠、栄養、運動の3つから見守るモデルが、「成長三角形」になります。

 

子供の成長を促す成長ホルモンの分泌は、これらによって促されるからです。

 

たとえ栄養が足りていたとしても、運動が不足していれば、健全な成長が損なわれます。

 

特に睡眠不足は、日本の子供たちに共通して見られる大きな問題になります。

 

 

まずは3つをチェック!

 

睡眠は足りているのか??

睡眠不足は、現在の子供たちの抱える深刻な問題になります。

 

栄養に問題がなくても、睡眠が不足すると身長はのびなやみます。

 

 

太りすぎ、やせすぎてはないか??

太っている=炭水化物、脂質の取りすぎに注意が必要になります。

 

反対に、痩せている=炭水化物でエネルギーの補給をしっかりとりましょう。

 

 

適度な運動ができているか??

適度な運動は、自然な食欲をもたらし、じゅう分な栄養素をとるリズムを作ります。

 

また、運動はそれ自体に成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

 

さらには、質のいい深い睡眠をもたらし、成長ホルモンの分泌を促進します。

 

適度な運動は、食欲がアップして熟睡を招きます。

 

激しすぎる運動だと、バテてしまい食欲が出ないで身長増加に悪影響を及ばします。

 

 

理想的な睡眠時間

上述しているように、身長を伸ばすためには十分な睡眠は欠かせません。

 

ところが、多くの子供たちの睡眠は不足しています。

 

身長を伸ばすのに大切な成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。

 

睡眠は長さと深さが大切になりますので、一概に何時間寝なさいとは言えませんが、理想的な睡眠時間から大きくかけ離れてはいけません。

 

 

肥満だと身長の伸びが早く止まってしまう

 

肥満児は早熟で身長の伸びが早く止まることが多い

 

肥満気味の子供は、小学生のうちは比較的身長は高いのですが、その後、次第にみんなに追いつかれ、最終的には平均身長以下になる場合が多いようです。これは、肥満児、特に肥満した女子は早熟で身長の伸びが止まる時期が早いからになります。

 

女性では、身長の高い低いにあまりかかわらず、体重が38キロに達すると初潮がある場合が多いのです。

 

初潮後は身長増加は鈍り、伸びはあと6センチほどしかありません。

 

 

肥満児は思春期の伸びが鈍る

また肥満していると、思春期の一番伸びる時期の身長増加が平均以下になります。

 

思春期の伸び盛りに、平均的な女子はピーク時に8.3センチ/年となりますが、肥満児は6,7センチ/年になってしまいます。

 

 

砂糖を取りすぎない!

 

血糖値が上がりすぎると成長ホルモンの分泌が悪くなる

血液内のブドウ糖の値を血糖値と言います。血糖値が上がると、成長ホルモンの分泌は低下します。

 

成長ホルモンの分泌は、血糖値が下がったときに上昇するのです。したがって、常にあめを食べている子や、1日に何度も食事をとる子は、成長ホルモンが分泌するタイミングがなくなってしまいます。

 

 

血糖値が上がる夜食は成長ホルモンの分泌を邪魔する

成長ホルモンは、深い眠りに入ると分泌が盛んになります。

 

寝る直前に大食いをしたり、甘いものを食べたりすると、血糖値が上がりすぎます。

 

ある程度以上血糖値が上がると、成長ホルモンの分泌が低下してしまうので、夜食には注意しましょう。

 

 

朝食はかならず食べる

空腹状態で学校に行くと、エネルギー源である糖質や脂肪が不足し始めます。

 

そうすると、本来体を作る栄養素であるたんぱく質が炭水化物や脂肪のかわりにエネルギー源として使われ始めます。

 

その結果、骨や筋肉を作る原料であるたんぱく質が不足し、身長の伸びに悪影響が出てしまうのです。

 

 

⇒フィジカルBの気になる口コミと効果|TOPページ