フィジカルBの気になる口コミと効果について徹底リサーチ!!

世界の平均身長を調べて高身長国に学ぶ!

 

 

あまり知られていませんが、日本人の平均身長の上昇傾向はすでに止まっていて、平均身長の低下の兆しが見られています。

 

日本の子供たちの身長の伸びを邪魔する要因は、数多く存在します。

 

睡眠不足、運動不足、栄養の偏り、ストレスの増加、加工食品の氾濫、魚介類離れ、行き過ぎたヘルシー志向、などなど・・・。

 

悪い食習慣で肥満になることはよく知られていますが、身長の伸びまでもが悪くなることはあまり知られていないような気がします。

 

最近、生活習慣病の増加に伴い、国の定める栄養の指針では肥満対策に重点が置かれるあまり、子供の体格の向上という視点が忘れ去られています。

 

成人は肉を減らして、野菜を増やすべきであるとも私も考えますが、それをそのまま食育とし称して子供たちに教えるのには、疑問は感じずにはいられません。行き過ぎたヘルシー志向と言えるでしょう。

 

「成長している」子供と「成長が止まった」大人では、同じ食事でよいはずがありません。

 

身長を伸ばすためには、高たんぱく質食が必要になります。

 

しかし、これはどうしても高脂肪食になりがちです・・・。

 

下にまとめてますが、世界には平均身長が日本人より10センチも高い国がありますが、彼らの高たんぱく質で高脂肪な食生活を、そのまままねてはいけません。

 

間違った食の欧米化は、たとえ高身長をもたらしたとしても、肥満をもたらしてしまうからです。

 

一方、平均寿命が世界一の日本人の食事は、低脂肪であって、世界の模範ではあうものの、たんぱく質が少ないという短所があります。

 

高身長国のなかでも北欧の国々は、比較的平均寿命が長く、その質素、質実なたんぱく質な食事は参考になります。

 

和食と洋食のよい面を取り入れながら、いかに脂肪をおさえて、たんぱく質を増やして、身長を伸ばすか、つまりヘルシーな高身長をどのようにして目指すかが大事になってきます。

 

低タンパク質高カロリーで食品添加物が大量に使われた加工食品が身長の敵となります・・・。

 

内分泌かく乱化学物質による食品の汚染にも、注意をはらう必要があります。

 

ただし、極端に身長の低いお子さんは、病気で伸びていない可能性も考えられます。

 

心配な方はなるべく早めに専門医の診察を受診してください。

 

万が一何かしらの病気にかかってる場合は早期の診断と治療が大切になります。

 

 

ヨーロッパの平均身長

 

アイスランド

男性・・・180センチ
女性・・・167センチ

 

イギリス

男性・・・177センチ
女性・・・163センチ

 

スイス

男性・・・175センチ
女性・・・164センチ

 

オランダ

男性・・・178センチ
女性・・・167センチ

 

ノルウェー

男性・・・178センチ
女性・・・165センチ

 

スウェーデン

男性・・・177センチ
女性・・・164センチ

 

ドイツ

男性・・・175センチ
女性・・・162センチ

 

フィンランド

男性・・・176センチ
女性・・・163センチ

 

ロシア

男性・・・176センチ
女性・・・164センチ

 

アメリカ

男性・・・175センチ
女性・・・161センチ

 

日本

男性・・・170センチ
女性・・・158センチ

 

 

日本人の身長は戦前と比べるとずい分高くなった印象を受けます。

 

ですが、このように世界の国々の平均身長と比べてみると、日本人より平均身長がはるかに高い国があるのです。

 

一体なぜ、ここまで体格の差があらわれるのでしょうか・・・。

 

日々の生活習慣や食べ物に、その秘密が隠されているかもしれません。

 

 

高身長国に学ぶ!

 

 

 

世界の国々の平均身長を測定すると、日本人は先進国のなかでは最下位になります。

 

高身長国の人々とはいったい、何が違うのでしょうか。

 

食生活はどうなっているのでしょう・・・。

 

世界屈指の高身長国のアイスランド大使館に「何を食べたらあんなに身長が高くなるのでしょうか?」とうかがってみたところ、「特別な贅沢はしていませんよ。質素だと思いますけどね。」とのことでした。

 

彼らのたんぱく質の摂取量は世界一になります。

 

質素というより質実なのでしょうね。

 

アイスランドは、ミスワールド輩出率も、男性の平均寿命もたんぱく質の摂取量が世界一になります。

 

アイスランド

アイスランドの平均身長は男性が180センチ、女性が167センチになります。

 

人工30万人の小さな国ですが、過去20年でミスワールドを3人も排出した高身長の美人国になります。

 

男性の平均寿命は日本よりも長くて、なんと世界一。

 

まさにこのサイトのテーマでもある、トール&ヘルシーの代表国になります。

 

総漁獲量世界一の漁業国で、たんぱく質の摂取量も世界一になります。

 

しかし、そのわりに脂肪の摂取は少ないんです。

 

その理由は、魚介類で最も脂肪の少ないタラを多く食べて、肉も脂肪の少ない羊の肉、マトンを食べているのからです。

 

高身長で長寿のアイスランドの食習慣は見習いたいものですね。

 

 

スイス

スイスの平均身長は男性が175センチ、女性が164センチになります。

 

平均寿命が世界で男性が3位、女性が2位と長くて、欧米の中では最も肥満が少ない国になります。

 

睡眠時間が日本の子供より2時間も長いのは見習いたいところですね。

 

良質なチーズが有名になります。

 

 

オランダ

オランダの平均身長は男性が178センチ、女性が167センチになります。

 

世界屈指の高身長国になります。

 

肉、乳製品の生産が盛んで、魚介類も豊富にそろいます。

 

 

ドイツ

ドイツの平均身長は男性が175センチ、女性が162センチになります。

 

高身長国なのですが、肥満がやや多くて、平均寿命も長いほうではありません。

 

 

スウェーデン

スウェーデンの平均身長は、男性が177センチ、女性が164センチになります。

 

漁業が盛んでサケ、マス、ニシン、イワシなどが多くとれます。

 

乳製品の摂取量は世界一になります。

 

肉団子が有名で、なんとジャムをつけて食べるそうです。

 

 

フィンランド

フィンランドの平均身長は、男性が176センチ、女性が163センチになります。

 

アジア由来の民族でもあるにも関わらず、屈指の高身長国になります。

 

木曜日にはピースープ(豆のスープ)を食べる習慣があります。

 

 

ノルウェー

ノルウェーの平均身長は男性が178センチ、女性が165センチになります。

 

欧米ではスイスについで肥満が少なく、平均寿命も長い世界屈指の高身長国になります。

 

そして、漁業国でもあります。

 

肉の消費は、アメリカの半分になりますから、身長は3,5センチ高くて肥満が少ないのは、魚介類や穀類からのタンパク質摂取が多いのが要因かと思います。

 

 

魚介類はヘルシーな高身長をもたらす

 

アイスランドでは魚の消費が世界一

高身長でもオランダ、ドイツ、イギリスは生活習慣病の人が多くて、平均寿命が長くありません。

 

アイスランドが世界トップクラスの高身長国、かつ長寿国なのは、魚から多くのたんぱく質をとっているからでしょう。

 

 

魚介類の脂肪と肉の脂肪の違い

魚介類の脂肪に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタン酸)は生活習慣病を予防するための効果があって、動脈硬化を起こしにくく、魚介類はまさにトール&ヘルシーに適した食材と言えます。

 

高たんぱく質の代表として、肉も挙げられますが、脂肪も多いのが弱点と言えるでしょう。

 

 

日本の高身長県でも魚介類の消費が多い

日本の高身長県は男子では、1位が石川県、2位が秋田県、3位が青森県になり、この順番で、全国平均より1センチ以上身長が高いのです。

 

そして、県別の魚介類の購入量は、1位青森県、2位が秋田県、3位が富山県、4位が石川県になります。

 

興味深いことに、魚介類の消費が多い県が高身長県と一致しているのです。

 

 

米、穀物類にも目を向ける

 

日本での肥満の少なさと平均寿命長さは、ある程度米のおかげでもあります。

 

日本の食生活を欧米と比べてみると、肉と乳製品が少なく、穀類(日本では主として米になります。)

 

からのたんぱく質摂取も少ないのです。日本より平均身長が3センチも高いお隣の韓国では、平均として日本よりも1,3倍の米を食べています。

 

また、日本の高身長県は、いずれもおいしい米どころでもあります。

 

米離れが進んでいますが、ある程度、米からも栄養をとるように心がけましょう。

 

なお、高身長国では、麦、ジャガイモを主食としていますが、米がこれらより劣ってるわけではないのです。

 

日本人には米が最も適しています。

 

しかし、食事にバラエティーを持たせる意味から、麦(パン)やジャガイモにも目を向けましょう。

 

特に、小食で痩せているお子さんには、パン、麺類、イモなどでカロリーを補うのもひとつの方法になります。

 

 

身長には人種の違いや緯度、日照時間の違いも関係する

 

日本人と欧米との違い

身長の高い低いは、栄養だけでは決まりません。

 

人種差や緯度、気候などの影響もあります。

 

したがって日本人の身長を欧米レベルまで伸ばすことは簡単なことではありません。

 

しかし、もう少しくらいであれば伸ばすことは可能なはずです。

 

 

ベルクマンの法則

ドイツの生物学者、カールベルクマンが19世紀に発表した「ベルクマンの法則」によると、同種の恒温動物では、寒冷地に住む種が熱帯地に住む種に比べて大柄になるとされています。

 

これは、体が大きくなると表面積が増えて放熱量が増えるものの、体積に増加によってそれ以上の熱生産量の増加が可能になり、寒冷地での生存に有利になるためとされています。

 

 

緯度と身長の関係

ヨーロッパでも、イタリア、スペインなどの南欧では平均身長はさほど高くありません。

 

緯度の高いアイスランド、スウェーデンなど北欧に高身長国が集まっている傾向があります。

 

日本でも緯度の高い、秋田、青森などは平均身長が高めになります。

 

 

フィジカルBはたった1本で1日に必要な成長サプリがたっぷりと配合!

 

 

 

なかなか日々の食生活でここまで栄養を考えて料理を作るのは正直大変かと思います・・・。

 

そこで「こどもの成長期応援栄養補給食品」のフィジカルBがおすすめになります。

 

1本の中に、

 

体のあらゆる組織づくりをサポートしてくれる「鉄分」が1日必要量の95%以上
炭水化物にアプローチしてくれる「ビタミンB1」が1日必要量の98〜100%以上
健やかな外見をサポートしてくれる「ビタミンB2」が1日必要量の98〜100%以上
たんぱく質をアミノ酸に分解サポートしてくれる「ビタミンB6」が1日必要量の98%以上

 

が配合されています。さらに、成長に重要な、

 

L-バリン
L-ロイシン
L-イソロイシン
L-リジン塩酸塩
L-メチオニン
L-フェニルアラニン
L-トレオニン
L-トリプトファン
L-ヒスチジン

 

の体をつくる・ケアする・動かす、9種のアミノ酸が豊潤に配合!

 

含有率が伸びるスピルリナが配合されてるので、食事から栄養を摂るよりも効率的に消化吸収します。

 

今ならキャンペーン実施中で、30日間返金保障までついています。

 

お子様の成長に不安を感じている親御さんはお試ししてみてはいかがでしょうか^^